シュクメリ

シュクメリ, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=4066692 / CC BY SA 3.0 #オニ地区の村 シュクメリ(グルジア語: შქმერი、グルジア語ラテン翻字: Shkmeri)は、ジョージアのラチャ=レチフミおよびクヴェモ・スヴァネティ州オニ地区にある村落。 シュクメリ、ウショルタ、ハリスツヴァリの3村で構成されるシュクメリ・テミの中心地である。 海抜は1,720メートル。 オニの南方10キロメートルに位置する。 ヘオリ峡谷 シュクメリはヘオリ川(リオニ川の左支流)の上流に位置する。 中程度の土壌被覆で、亜高山帯の植生となっている。 寒冷な冬と、肌寒い夏が特徴である。 かつてヘオリ川によって形成された、美しいヘオリ峡谷の景観が有名である。 この峡谷は全長1キロメートルに及ぶ盲谷であり、到達することは極めて困難である。 近隣の村としては、北に8キロメートルの場所に位置するボクヴァ(オニ地区)、西に7キロメートルの場所に位置するムラヴァルジャリ(オニ地区)、南に9キロメートルの場所に位置するモフヴァ(サチヘレ地区)がある。 オニとイメレティ州のサチヘレの間は、歴史的にキャラバンのルートで結ばれており、シュクメリはそのルート上に位置していた。 このキャラバンルートは、全長40キロメートルほどであった。 シュクメリに関する史料としては、1071年に記された、ニコルツミンダの指導者による記録がある。 比較的新しい建築物としては、モンチョヒの聖ギオルギ聖堂、コロシの聖ギオルギ聖堂、ウショルタの生神女聖堂などが挙げられる。 2000年、古代に他宗教を祀っていた考古遺跡ゴグチャの洞窟近くに、聖ニノにちなんで名づけられた小さな聖堂が建設された。 シュクメリ村の近郊には、ウショルタ洞窟が位置している。 ヴァフシティ・バグラティオニが言及した「小さな湖」 カルトリ王国の王族であった歴史学者ヴァフシティ・バグラティオニは、シュクメリについて次のように言及している。 ヘオリ川が形作る小さな湖の出口にあり、岩肌からはやがて大きな川へと注ぎ込む源流が湧いている。 そして湖の水と岩肌の源流が合流することで、壮大な峡谷と、隠された見えざる集落を作り出している。 国勢調査による人口は、次の通り 住民は伝統的に畜産と園芸に従事している。 また養蜂産業も発展している。 シュクメリには乳製品を生産する「シュクメリ・インヴェスト」と呼ばれる農場がある。 シュクメリは1991年4月29日に発生した1991年ラチャ地震で深刻な被害を受けた。 村にはマンガン鉱床、高品質の砂が採れる採砂場、数百年単位で続く森、そしてマスの生息する川や湖がある。 豊富な資源がある。 シュクメリ・テミの構成集落とその位置。 シュクメリ ウショルタ ハリスツヴァリ シュクメリを中心ととして、シュクメリ・テミ(グルジア語: შქმერის თემი、グルジア語ラテン翻字: Shkmeris Temi)と呼ばれる共同体(テミ)を構成している。 シュクメリ・テミを構成する集落は、次の3村である。 シュクメリ ウショルタ ハリスツヴァリ

მსგავსი ვიდეოები